スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親指AFについて

今日は、ちょっとだけ自分がこの機能を知って、劇的に便利になった親指AFというものについて紹介してみたいと思います。
(自分も、以前に他の方がブログで紹介されてたのをきっかけに使い始めたもので。)

親指AFとは、背面のAE/AFロックボタン等を使って親指でAF操作を行うことです。
自分は、この親指AFとコンティニュアスサーボモードをセットで使用しています。
AFの動作はAE/AFロックボタンに割付け、シャッターボタン半押しでのAF動作はしないように設定しています。(シャッターボタン半押しではAEロックのみ)

この機能の便利なところは、特に子供等の動いたり止まったりする被写体に対して、AF-C(コンティニュアス)とAF-S(シングル)の切り替えなしで、ほとんど撮影できてしまうことですね。

通常、動いている子供のように動体を撮影する場合には、コンティニュアスサーボモードに切り替えてAFが追従するようにして撮影すると思います。しかし、急に立ち止まったりしたときに構図をAF点からずらして撮影したいと思ったときには、コンティニュアスモードのままだとAFロックができないので、シングルAFモードに切り替える必要があります。この切り替えている間に決定的な瞬間を逃してしまうかもしれません。

このような場合、親指AFとコンティニュアスサーボモードをセットで使用した場合には、そういった切り替えの操作なく撮影することができます。動き回っている間は、AE/AFロックボタンを押し続けることでAFは追従してくれます。立ち止まって、構図をずらして撮影したいときには、ピントを合わせてからAE/AFロックボタンから指を離せば、AFロックされます。

もちろん、最初から風景等の止まっているものを撮影する場合には、AE/AFロックボタンを押してピントを合わせ、ボタンから指を離してAFロックするという操作で、通常の撮影と同じことが行えます。

他にもメリットとしては、AFの操作とAEの操作を分けることで、最終構図でのAEロックができるということもあります。
通常の半押しAFの場合は、AFロックをした時点でAEもロックされてしまうので、構図をずらしたときに明るさが異なると、適正な露出が得られないことがあります。
親指AFの場合、ボタンを離してAFロックした後、構図をずらしてからシャッターボタン半押しでAEロックが可能となるので、最終構図でのAEロックが簡単にできます。

このように親指AFのメリットはたくさんあります。
逆にデメリットもありますね。
・コンティニュアスサーボとセットで使う場合は、ピントが合いましたよーの電子音が鳴らないことですね。(当たり前ですが。)ピントが合ってるかどうかはファインダーで確認する必要があり、慣れるのに少々違和感があります。
・他の人にカメラを渡して撮ってもらおうとしたときには、セッティングを戻す必要がある。(渡された方は、シャッター半押ししてもピントが合わないので戸惑います。)


この親指AF、動体を撮影しない方には関係ないかもしれませんが、動くものと止まったものを撮られる方には、絶対に便利な機能だと思います。

もし、まだ試されてない方がおられましたら、試してみられることをおすすめします。
一度慣れてしまうと、通常のシャッターボタン半押しでのAFには戻れなくなるくらい便利に感じますよ(^^)





ブログランキングに登録しちゃいました。
一日一回ワンクリックしていただけるとやる気出ちゃいます(^^)
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます。
なんと3位にー!
スポンサーサイト
プロフィール

レモンハート

Author:レモンハート
NIKON D3・D300、FIJI X-E1で娘を中心に撮っているパパカメラマンです。
リンクはフリーですが、一言コメントいただけるとうれしいです。
こちらからもリンクさせていただきたいと思いますので、コメントいただける際はぜひ、ブログURLの入力をお願いします。

娘が5歳になったのを機に、娘の顔が出ているものについては、掲載しないことにしました。

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。



【フォトコン受賞歴等】
○よみうり写真大賞 ファミリー部門 春の部 優秀賞
○よみうり写真大賞 ファミリー部門 冬の部 入選
○よみうり写真大賞 ファミリー部門 秋の部 入選
○下松市笑顔の写真コンテスト 優秀賞
○よみうり写真大賞 ファミリー部門 夏の部 入選
○キタムラ365日フォトコンテスト2014秋冬 自由部門 入選
○下松市しだれ桜の風景写真コンテスト 市長賞
○マイハピネスフォトコンテスト2014 グランプリ
○海岸愛護写真コンクール 奨励賞
○よみうり写真大賞 ファミリー部門 秋の部 入選
○笑顔の写真コンテスト 最優秀賞
○365日フォトコンテスト2014春夏 腕自慢コース 人部門 佳作
○市民美術展覧会 入賞
○世界一受けたい写真のアドバイス(ムック本)掲載
○よみうり写真大賞 ファミリー部門 春の部 優秀賞
○第4回 『こころつないで』フォトコンテスト 入選
○雑誌フォトコンライフVol57 テーマ別フォトコンテスト 入選
○しものせき笑顔いっぱいフォトコン 金賞
○『生命(いのち)を見つめる』フォトコンテスト 審査員特別賞
○第4回 『こころつないで』フォトコンテスト 入選
○雑誌フォトコンライフVol56 テーマ別フォトコンテスト 準特選
○よみうり写真大賞2013年度 ファミリー部門 秋の部 入選
○笑顔の写真コンテスト 最優秀賞
○私の好きなウォーターフロントフォトコンテスト ウォーターフロント協会長賞
○第4回 『こころつないで』フォトコンテスト 入選
○よみうり写真大賞2013年度 ファミリー部門 夏の部 優秀賞
○第4回 『こころつないで』フォトコンテスト 入選
○親子の日写真コンテスト 2013 森永乳業まきばの空賞
○雑誌フォトコンライフVol55 テーマ別フォトコンテスト 入選
○よみうり写真大賞2013年度 ファミリー部門 春の部 入選
○『写真の日』記念写真展 2013 協賛会社賞
○第4回建コンフォト大賞 優秀賞
○よみうり写真大賞2013年度 ファミリー部門 冬の部 入選
○タムロンマクロレンズフォトコンテスト2012年度 ノンジャンルの部 タムロン賞
○環境フォト・コンテスト2013 日立ハイテクノロジーズ賞 佳作
○よみうり写真大賞2012年度 ファミリー部門 秋の部 入選
○毎日写真コンテスト2012年度 ファミリー部門 入選
○下松市民美術展覧会(平成24年度) 写真部門 大賞
○よみうり写真大賞2012年度 ファミリー部門 夏の部 入選
○2012山口県家庭の日フォトコンテスト 最優秀賞
○よみうり写真大賞2012年度 ファミリー部門 春の部 優秀賞
○雑誌フォトコンライフVol50 テーマ別フォトコンテスト 榎並悦子賞
○雑誌フォトコンライフVol50 『写真人』特集記事掲載
○よみうり写真大賞2012年度 ファミリー部門 冬の部 入選
○2012マイハピネスフォトコンテスト 銀賞
○ピクトリコフォトコンテスト2011 ファミリー部門 入選
○雑誌フォトコンライフVol49 テーマ別フォトコンテスト 準特選
○よみうり写真大賞2011年度 ファミリー部門 秋の部 優秀賞
○毎日写真コンテスト2011年度 ファミリー部門 入選
○2011キタムラフォトコンテスト 腕自慢部門 自由 キタムラ賞
○雑誌デジキャパ2011年11月号 入選
○雑誌フォトコンライフVol46 テーマ別フォトコンテスト 準特選
○雑誌デジキャパ2011年3月号 入選
○雑誌フォトテクニックデジタル2011年1月号 佳作
○雑誌フォトテクニックデジタル2010年12月号 佳作
○雑誌デジキャパ2010年12月号 入選
○雑誌デジキャパ2010年11月号 入選
○雑誌デジキャパ2010年10月号 入選
○雑誌デジキャパ2010年9月号 入選
○雑誌デジキャパ2010年6月号 入選
○雑誌デジタルフォト2009年9月号 dpc1部門 入選
○雑誌デジタルカメラマガジン2009年6月号 一般部門 佳作
○雑誌デジタルフォト2009年3月号 dpc1部門 入選
○雑誌デジタルフォト2008年12月号 dpc1部門 入選
○雑誌デジタルカメラマガジン2008年7月号 入門部門 入選
○雑誌デジタルフォト2008年 dpc1部門 入選
○雑誌デジタルフォト2008年 dpc2部門 入選

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。